松岡修造の曽祖父小林一三の経歴が凄すぎる!東京宝塚の創始者?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


こんにちはグーグーです(●^o^●)

 

断捨離って・・

なかなか進まないですよねー

もう断捨離・断捨離って

言いはじめ早半年(-_-;)

もういい加減頑張らなきゃ!

と思ってる私です(⌒∇⌒)

 

ところで

松岡恵さんの宝塚音楽音楽学校合格で

こね合格かー!?と噂になっていたので

調べてみると

すごい家系にお生まれになってたんですねー

 

今日は

阪急東宝グループの創業者で

1914年に宝塚歌劇団を生んだ小林一三さんについて

調べてみました(●^o^●)

松岡恵(松岡修造の娘)のプロフや画像は?家族や家系図が凄すぎる!

 

プロフィール!

名前:小林一三(いちぞう)

1873年(明治6年)1月3日ー1957年1月25日(満84歳没)

出身地:山梨県

出身校:慶應義塾

 

幼少期はどんな子どもだったのか?

 

生まれてすぐお母さんがなくなり

そして

お父さんとも生き別れになり

叔父夫婦に育てられる

(お父さんは養子だったため実家に帰ったそうです)

なんか時代を感じますね・・

 

でも、高等小学校にも

通わせてもらっていることを思うと

叔父夫婦はかなりのお金持ちで

大切に育ててくれたようですね〜(⌒∇⌒)

 

また調べてみると・・

布屋という屋号を持つ商家・小林家に生まれたそうで

ここを継いでいるのが

本家の叔父夫婦だと思います!

一三さんのお父さんは分家みたいですね(⌒∇⌒)

 

1888年(明治21年)・2月 福澤諭吉が塾長の慶應義塾に入る

(経済学の勉強をしていたようですが本が大好きで小説家になりたかったようですね・・)

 

1892年19歳の時に慶應義塾を卒業

そして

三井銀行の東京本店秘書課勤務に就職

その後すぐに大阪勤務

転勤など繰り返し

1907年・34歳で退職

 

最初は銀行に興味がなかったみたいですが

大阪支店の時に「岩下清周」と出会う

 

これが運命の人で

1907年・34歳 三井銀行退職後

阪鶴鉄道(現在のJR福知山線)監査役と

箕面有馬電気軌道

(現在の阪急電鉄)株式会社専務取締役に就任

 

ここからがすごいです!!!

Sponsored Link


38歳 宝塚新温泉営業開始

1913年・40歳で

宝塚歌唱隊(宝塚歌劇団)を創る

56歳 阪急百貨店開店

59歳 東京宝塚劇場(現在の東宝)創立

62歳 大阪阪急野球協会(後の阪急ブレーブス・現在のオリックス)創立

64歳 東宝映画株式会社創立

65歳 第一ホテル開設

67歳 商工大臣就任

72歳 戦後復興院総裁・公職追放に

78歳 追放解除

 

 

経歴がありすぎてー

すごすぎます・・・びっくり!!

聞いたことがある大手企業を創られたんですね!

 

また

六甲山ホテルや

箕面に動物園を作ったり

住宅ローンも・・・

 

こんなにたくさんの事業を始めた人って

他にいるんでしょうか・・

 

ドラマにも

本人役は

阿部サダヲさんがやられたみたいですねー

経世済民の男公式ホームページ

 

経世済民=世を治め民の苦しみを救うこと

本当にすごい方のようです(⌒∇⌒)

 

 

DVDも出てるので見てみようかなー

 

本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました(*^w^*)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビッグマムの弱点?

アーカイブ

カテゴリー

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。