マザーカルメルが消えた理由考察!リンリンが食べてソルソルの実を継承?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんにちはグーグーです(*^▽^*)

 

ビッグママの過去が

少しずつ明らかになってきましたね!

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※

一部ネタバレ含みますので

知りたくない人は見ないことを

オススメします(>人<;)

※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

エルバフの元巨兵海賊団船長

ヨルルを倒すという恐るべき5歳児!

悪神と呼ばれるのも無理はありません。。。

 

それでもビッグマムことシャーロットリンリンを

かばうマザーカルメルでしたが

エルバフの戦士たちを簡単に倒してしまうほどの

力の持ち主を殺させない理由がちゃんとありました!

 

まさかの身なし子売りだったんです!

しかも闇の名はヤマンバ‼︎

身なし子を世界政府に売るために

羊の家をやっていたのでした・・・

 

そしてリンリンを売って巨額のお金を手に入れ

身なし子売り稼業から足を洗おうとしていた矢先

事件は起こります・・・

 

ヨルルの一件で

エルバフから新しい島での暮らしが始まった

羊の家の子どもたちとカルメル!

 

心優しい羊の家の子どもたちが

リンリンの6歳の誕生日に

大好きなセムラを積み上げて作った

クロカンブッシュを

プレゼントにもらうと

すごい食べっぷりでばくばく食べ始めます!

 

そしてその際のナレーションが

ある日マザー・カルメルは突如姿を消してしまった。それは人生で一番楽しかったリンリンの誕生日。境遇の似た大好きな「羊の家」の仲間達。大らかで優しい大好きなマザー。みんなの笑顔に囲まれて大好きな甘い甘いバースデーケーキを食べるとリンリンは涙が止まらなくなった。なんて素敵な日…涙で前が見えなくなった。今日はなんて素敵な誕生日‼︎ある日マザー・カルメルは突如姿を消してしまった

 

一見、リンリンがクロカンブッシュを

食べてる間にマザーカルメルが子どもたちを

連れて逃げた様にもとれる話の流れですが

一番売りたいのはシャーロット・リンリンのはずで

そのリンリンを残していくのは

ちょっと違う気がします・・・

 

で違和感を感じたのが3点!

①食べている最中のナレーションの

「リンリンは涙が止まらなくなった」

「涙で前が見えなくなった」というコメント!
②食べ終わった後のリンリンのセリフ

「はー…幸せ♡♡ムチューで食べて…机までカジっちゃった♡」

③あれ?……みんな?……マザー?

と言ってみんなを探している時に

かじられたり荒らされた後のようになってたり

マザーカルメルが着ていた服のようなものが落ちている

 

この3点に違和感があり

もしかしたらリンリンが夢中になって

無意識のうちに

みんなを食べてしまったのではないか思われます!

Sponsored Link


ドラゴンボールで言う所の

悟空のおじいちゃんの孫ゴテンを

大猿になった時に踏み殺してしまって

記憶がないみたいな感じですかね・・・

 

そしてマザーカルメルを食べた証拠として

ソルソルの実の能力が使えること!

 

 

これはカルメルの

エルバフの火を消す時に

ゲブーアツタークと言って

大火を沈めパンドラという

プロメテウスみたいな奴を出した時の

能力がソルソルの実の能力だったと考えると

リンリンがマザーカルメルを食べた!

ということになるのではないでしょうか?

【追記】

868話でマザーカルメル失踪後に

マザーの真似事で花に命を与え

「マザーがやってた手品!なんで⁉︎おれにもできた‼︎」と言っています!

 

現時点ではどうなのかわかりませんが

私の考察では食べたんじゃないかなと思いました!

ビッグマムを倒すことって本当にできるんでしょうか?

【追記② 食べた確率大幅アップと思われるシーン】

868話で、ビッグマムさえ知らない、その事件の一部始終を見ていた者が2人いた!という表現があります!続けて1人は「羊の家」を気にかけて様子を見に来ていたエルバフの戦士…‼︎彼は青ざめ走り出しもう二度とこの島へ来る事はなかった。やがてそれはエルバフ及び巨人族の耳に届き「シャーロット・リンリン」はもはやその名を口にする事もはばかられる程。巨人族から嫌悪される存在となる。とあります!

マザー失踪の一連が「事件」と表現されているし

エルバフの戦士が青ざめて走り出し

巨人族のみんなに伝えているし

相当な恐ろしいことが起こったんでしょう!

マザー、絶対食べられてる・・・💦

 

緑牛のモデルは誰かを予想!ONE PIECE905話のヒントから原田芳雄説!ドンッ‼︎

 

 

本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました(*^▽^*)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。