ブラックリベンジの黒幕は朱里先生(鈴木砂羽)?妹の綾子も怪しい!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんにちはグーグーです(*’ω’*)

 

「骨の髄まで炎上しなさい」でおなじみの

ブラックリベンジも3話目の放送を終え

なんとなく話の全容が見えてきましたね!

 

3話までのあらすじまとめ

来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は「週刊星流」にスキャンダル記事をスクープされ、それを苦に自殺。妻の今宮沙織(木村多江)は最愛の人、そして生まれてくるはずだった新しい命を奪われる。

5年後、そのスキャンダルがねつ造である事を知った沙織は「週刊星流」の契約ライターになり、スキャンダルをねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)への復讐を誓う。

その後、塚本、愛原の2人をスキャンダルにて復讐に成功!最後の1人である南條を追い詰めたと思ったが、協力者になったと思われた南條の愛人の1人に騙され、不法侵入したところを逆にスクープされてしまう。

 

黒幕はだれ?

3話まででも怪しいキャラが続出しています!

個人的に怪しいと感じるキャラは

この人たちです!

 

・糸賀朱里(鈴木砂羽) ・・・沙織通う精神科の担当医。

・石山綾子(中村映美子)・・・沙織の妹

・天満龍二(平山浩行)・・・週刊星流のエース

・高槻裕也(堀井新太)・・・元夫の秘書

・城田純一(DAIGO)・・・便利屋

 

この中でも特に怪しいのが

糸賀朱里と石山綾子の二人です!

 

 

朱里先生こと糸賀朱里は

沙織の妹・綾子の紹介で、沙織の担当医となりマインドケアを行う。沙織にとっても悩みを吐き出せるよき理解者。実は沙織の復讐心を煽っている。と公式ホームページで紹介されています!

ドラマの中でも

沙織をカウンセリングするシーンが

毎回出てきますが

必要以上に煽ってる感じがあります。

愛原サユミをスキャンダルで陥れた後

本当に圭吾さんは喜んでいるのでしょうかと

迷いが生じる沙織に

「まだあなたの復讐は終わってないでしょ」

みたいな感じのことを言って

煽っていました・・・

 

ほかにも怪しいと思われるシーンが

ちょこちょことあります・・・

Sponsored Link


朱里の行動が怪しい

朱里先生が一人の時に

圭吾さんの動画を見ているということ!

朱里と圭吾の間に何かあったのでしょうか?

 

綾子(妹)も怪しい

3話では沙織の妹との会話が何か怪しいということ!

朱里「心配しないで。全てが終わったら私が責任を持って話すから・・・」

綾子「朱里さんがお姉ちゃんの先生でよかった」

朱里「それより、あのことは言えたの?まだ言えてないのね・・・」

綾子「私、怖いんです。もしあの話をしたら、次は私が」

朱里「復讐されるかもしれない?」

綾子(うなづく)

朱里「あなたたちは血を分けた姉妹なのよ。きっと大丈夫よ。」

綾子「はい」

 

何を隠してるんでしょうか?

ホームページに書いてある綾子の紹介には

沙織の妹で唯一の肉親。圭吾が自殺して沙織が失踪した後、別れた男の子供を出産しシングルマザーに。沙織が失踪中、唯一連絡をとっていた人物。

と書いてあります。

この

別れた男の子供

シングルマザー

というのがものすごく引っかかりませんか?

もしかしたらこの子の父親が

圭吾さんとかいうオチじゃないでしょうか?

 

さらに3話で

複線的なセリフがあります。

高槻と沙織が南條について

話しているシーンで

沙織自身が口にした言葉ですが

「人間は欲が絡むと肉親ですら平気で裏切るもの」

と言っています。

 

これは自分の身内である妹に

牙を向けることになることを

予想させる発言なんじゃないでしょうか?

 

やはり朱里と綾子が何かを隠していますね!

そして沙織を洗脳し

都合のいいように動かしているとしか思えません・・・

 

まとめ

・朱里が圭吾と関係を持っていのではないか?

・綾子の子供の父親は圭吾なのではないか?

朱里と綾子が関係を持っているという可能性もあり

様々な考察はできますが

どんな風になっていくのでしょうか?

回を増すごとに盛り上がってきていますね!

 

ブラックリベンジは

毎週木曜日23:59〜

日本テレビ系列で放送中です!

 

本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました(*’ω’*)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビッグマムの弱点?

アーカイブ

カテゴリー

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。