光目覚まし時計inti4!フィギュア坂本花織の光体調管理方法の効果は?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんにちはグーグーです(*^ω^*)

 

今回は3月5日放送の

「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」で

坂本花織の体調を整える方法として

紹介された光についてご紹介したいと思います!

 

坂本花織とは

坂本花織選手といえば

つい最近行われた平昌オリンピックで6位に入賞した

フィギュアスケーターです!

 

プロフィール

名前:坂本花織

生年月日:2000年4月9日

出身地:兵庫県神戸市

血液型:B型

身長:158㎝

所属クラブ:シスメックス

 

光を取り入れた体調管理方法はなぜいいのか?

坂本選手は光を取り入れた体調管理を行なっているそうです!

一般的に人間の体内時計は

24時間より少し長い言われていて

ほっておくと誰でも夜間人間になってしまうそうなんです。(個人差はあると思います)

 

ですが・・・

 

人間の体は

太陽の光を浴びることで

体内時計がリセットされて

リズムが調整されているという仕組みになっているようです。

 

逆を言うと

朝に太陽の光を浴びなければ

生活リズムは夜型にずれていく

と言うことになってしまいます。

 

なので、朝から光を浴びて

スッキリした朝を迎えられる習慣が身につけば

自然に夜にはグッスリ眠れる習慣も身につく

というわけなんです!

 

そこで大切なポイントの一つが照度なんです!

ならば体内時計のリセットととして

朝から電気の光浴びたらいいじゃないか?

みたいな話ではないみたいなんです!

 

体内時計のリセットには

2500ルクス以上の照度が必要なのだとか。

 

と言ってもどの明かりがどのくらいの照度なのかなんて

専門家じゃないとわかりませんよね・・・汗

と言うことでこんなデータがありましたので参考にしてみますと

家庭照明 : 700ルクス

オフィス : 1,000ルクス

コンビニ : 1,500ルクス

朝日   : 10,000ルクス

真夏の太陽: 100,000ルクス

 

と言うことで太陽光級の照度じゃないと

体内時計のリセットは無理ということになりそうですね。

 

なので

朝は必ず朝日を浴びるという習慣が

体内時計のリセットの役目をしてくれるという意味で

2,000ルクス以上の光を浴びることは非常に良い!

ということになりますね。

 

 

最近話題の光目覚まし時計inti4

光を使った体調管理方が

体内時計リセットに良いということで

いろいろ調べていたら

光を使った目覚まし時計

inti4 という目覚まし時計を発見しました!

 

商品説明会に言って

担当者の方にいろいろ尋ねてきたのですが

この時計の最大の特徴

音で起こすのではなく光で起こす

という目覚まし時計でした!

斬新じゃないですか???

 

確かに目が覚めそうですね。

せっかくなので実際に自分の顔に当ててみたんですが

眩しさが半端ないです。

目をつぶっていてもつい眉間にシワを寄せてしまうレベル!

そして気になるルクスがなんと

最大20,000ルクスなんだそうです!!

(※光源から25センチの距離では2,500ルクス)

 

ということは

体内時計をリセットしてくれる照度はクリアしている!

 

私も夜型人間になりがちなので

購入をと思いお値段を聞いてみると

その額なんと27,700(税抜き)

 

うっ・・・

とりあえずお財布の中身を見てみる私・・・

通帳の中を思い出す私・・・

分割6回なら月に約5,000円

12回なら2,500円

 

それでもやっぱり・・・

うぅ〜・・・

と思っていたところに

「3ヶ月全額返金保証という保証が付いてるので、もしお客様が購入を迷ってあるのなら3ヶ月だけ試しにお使いになってみませんか?」

という店員さんの一声に背中を押されて

ものすごい決断となりましたが

結果的には購入してしまいました!

 

こういうの弱いんですよね・・・笑

 

ということでせっかく購入したので

とりあえず3ヶ月間試してみたいと思います!

 

inti4を少しでも安く買う方法も聞いてみました

ちなみにですが

失礼ながら本店で買うメリットがあるのかどうかを

尋ねてみたところ

「楽天さんにも出品させて頂いていますが、本店で購入していただくと楽天さんより1,000円安く購入できるようになっております」との回答でした。

もし夜型の生活で体内時計のリセットに

チャレンジしてみたい方がいらっしゃいましたら

↓本店↓での購入の方が1,000円お得に購入できるそうですよ(*^ω^*)


本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました(*^ω^*)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




カテゴリー

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。