有働由美子アナのNHK退社の理由は結婚?今後の活動をチェック!頑張れ有働さん!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんにちはグーグーです

 

 

3月いっぱいで「あさイチ」のMCを卒業した

有働由美子アナウンサー!

めちゃめちゃ人気なアナウンサーで

今後もフリーアナウンサーとして活躍されるそうです!

 

そんな有働さんの今後の活動が

一部報道されてきました

 

 

 

有働さんの退社の理由は?結婚???

退社の理由についてはこんなコメントを発表されています!

平成30年3月31日付でNHKを退職させていただきました。27年間勤めさせていただいたNHKには大変愛着があり、定年までしっかり働き続けようと思っておりましたが、以前から抱いていた海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をいたしました。

27年前、何も知らない出来ない人間だった私を、ここまで育て上げてくださり、活躍の場を与えてくださったNHKに心から感謝すると同時に、今この気持ちを応援してくださるという懐の深さに改めて感謝しています。

今後、有働由美子という一(いち)ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります。

最後になりましたが、志を同じくした同僚、スタッフ、共演者の皆様、そして何より、こんなヘンテコなアナウンサーを辛抱強く見守り続けてくださった視聴者の皆様に、心から感謝と御礼を申し上げます。視聴者の皆様のお声なしにはここまで来られませんでした。

新年度から新たなスタートを切る「あさイチ」の門出を邪魔したくなく、ご報告が遅れてしまったことをお許しください。

平成三十年三月三十一日 有働由美子

 

有働さんらしい男前なコメントですね❤️

 

今回の退社の理由は結婚ではなかったようですね!

有働さんのような奥様、絶対に素敵と思いますけどね❤️

フリージャーナリストになられることで

活動の幅が広がるので出会いの幅も広がり

結婚報道が流れる日も近いかも・・・

 

 

 

現在の活動や今後の活動は?

今現在(H30.4.6時点)では

ヨーロッパの方に仕事に行かれているようです!

退社そうそう仕事に明け暮れていらっしゃるようです!

さすがは有働さんですね

 

今後の活動については

上記のコメントにもあるように

フリージャーナリストとして活動されるようです!

有働さんがスポーツ報道が得意だったとのことから

スポーツ関係の番組に引っ張りだこになるんじゃないかと言われています

というのも2020年までの東京オリンピックまで

スポーツ関連のビッグイベントが目白押しなので

スポーツ特番も増えてくるでしょうから

有働さんをテレビで見ない日はないぐらいの

状態が続くかもしれませんね!

楽しみです!

 

サンケイスポーツの森岡さんも

「早ければ今年夏以降に民法に出演する可能性はある」

と嬉しいコメントをされていました!

 

個人的にはジャンクスポーツで

浜ちゃんとのダブルMCなんかが見たかったなって思っちゃいます❤️

浜ちゃんに突っ込まれる有働さん…

想像しただけでも面白そうですよね・・・❤️

 

 

有働さんのジャーナリストとしての原点!

『ウドウロク』という自書伝で

一番印象に残っている人物として

売春をする少女をあげていることを

「めざましテレビ」で報道されていました!

 

有働「売春はやめたほうがええで」

少女「なんで?」

有働「なんでって、売春はあかんやろ」

少女「なんで?」

なんでって…私は言葉に窮した。

「だって、私、お母さんにお金送らなあかんもん。なんで売春してお金稼いだらあかんの?」

自分の言葉で伝えられるジャーナリストでありたい、そんなこと簡単に口にしていたくせに、売春ひとつとっても、自分の頭をちゃんと通して考えてはいなかった。

ウドウロクより


ここがまさに有働さんの原点なのかということでした。

本当有働さんって昔っから情熱的で男前だったんですね!

 

 

まとめ

今後は、コメントにもあるように

海外での現場取材や好きな分野の勉強というのも

フリージャーナリストになることで

できるようになるんではないでしょうか?

 

ただ有働さんの場合

おそらく引っ張りだこになるから

今のうちにやりたいことに全力を尽くしてほしいです!

 

有働さんがNHN系以外の番組に出演するなんて

楽しみすぎます

有働さん!がんばれー

 

本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました☺️

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

カテゴリー

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。