池江璃花子の新コーチや練習方法は?木場克己の体幹トレーニングもやっていた!

この記事は4分で読めます

Sponsored Link


こんにちはグーグーです(*^ω^*)

 

 

近年、日本人水泳選手の活躍が

バンバン報道される中

一際目立っているのが

池江璃花子選手!

 

ジャカルタ・アジア大会(8~9月)などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権最終日は8日、東京辰巳国際水泳場で行われ、17歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が女子100メートル自由形で自身の日本記録を0秒43更新する53秒03をマーク、女子50メートルバタフライでも0秒01塗り替える25秒43で4冠を達成した。池江が樹立した日本記録は今大会出場全4種目計6回だった。

引用:https://mainichi.jp/articles/20180409/k00/00m/050/069000c

 

ということで今回は

池江璃花子の速さの秘密に迫ってみました!

 

 

 

プロフィール

画像引用:http://tobiuojapan.org/archives/8240173.html

名前:池江 璃花子(いけえ りかこ)

生年月日:2000年7月4日

出身地:東京都江戸川区

身長:170㎝

体重:56Kg

 

 

水泳はいつから始めたの?

兄弟の影響で3歳10ヶ月から水泳を始めたそうです!

そして5歳の時にはもうすでに

自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライの4泳法すべてで

50mを泳げるようになったと言われています💦

 

 

 

池江璃花子の凄さの秘訣に迫る!

池江選手といえばいろんな伝説があります!

 

①両手を広げた長さが184㎝!

なんと両手を広げた長さが身長(170㎝)より長いんです💦

 

②生まれながらにして水中に?

池江選手のお母さんは水中出産をされているそうで

生まれたと同時に水面デビューしてるんですね!

 

③1歳6ヶ月で逆上がり?

母親が幼児教室の講師をやっていて

脳の発達に雲梯が良いと本で読んだことから

生まれてすぐに雲梯に取り組んでいたそうです😏

それもあってか1歳6か月の時には

鉄棒で逆上がりができていたそうです💦

 

などなど齢17歳にして

早くも伝説化しようとしていますね・・・

これから新記録連発で伝説を量産することも間違い無いでしょうね!

 

 

池江璃花子が通っていたスイミングスクールは?

3歳から中学1年までは

東京ドルフィンクラブ江戸川スイミングスクール

に通われていたようです!

 

そして中学に入ると

より高いレベルの練習環境を求め

ルネサンス亀戸

へ移籍しています。

 

 

歴代コーチについて調べてみた!

東京ドルフィン時代のコーチは

清水桂という方のようです。

 

このコーチが偉大なんです💖

池江選手が小学6年で全国優勝し

もっと上を目指そうと思っていた時に

清水桂コーチが池江選手の母(美由紀さん)に

「できればここにいてほしいけど、もっと上を目指すのであれば、ここじゃない方がいいのかもしれないですね」

と移籍を認めてくれたそうなんです。

絶対に自分のところに留めたかったはずなのに・・・

もしこのコーチが強く引き止めていたなら

今の池江選手の活躍はなかったかもしれませんね。

 

そしてルネサンスへ移籍してから

村上二美也コーチ(ルネサンス競泳チームヘッドコーチ)と出会います。

 

母、美由紀さんはルネサンスへ移籍する前に

移籍先は納得した形で決めたかったとのことで

こんなことを語られています。

「5つのスイミングクラブを見学しに行きました。璃花子を連れて体験レッスンを受けたり。村上先生はエリート小学生合宿のヘッドコーチを何年もやっていらっしゃったり、雑誌を読んでも、人間的成長をきちんとしてくれる方だと思ったので。璃花子の将来にとっていいのではないかと思いました」

さらに村上コーチの魅力について

「指導者として落ち着いていて、浮付いているような方ではなくて。璃花子の見本に導いてくれる人格をお持ちだなと思いました」

と語られています。

Sponsored Link


新しいコーチは誰?

2018年4月8日に

村上コーチの元を離れることが

公表されましたが今のところ調整中とのことで

発表はされていないようです!

噂では当面コーチはつかない

という話も出ているようです!

 

 

 

池江選手が保持している個人種目の日本記録

◯長水路

・50m自由形      24秒21   2018/4/6

・100m自由形      53秒03       2018/4/8

・200m自由形      1分55秒04  2018/2/17

・50mバタフライ    25秒43       2018/4/8

・100mバタフライ    56秒38       2018/4/4

 

◯短水路

・50m自由形        23秒95       2017/12/21

・100m自由形      51秒62       2018/1/14

・200m自由形      1分52秒64  2018/1/13

・50mバタフライ    24秒71       2018/1/13

・100mバタフライ    55秒64       2016/12/11

・100m個人メドレー       57秒75       2017/11/15

・200m個人メドレー   2分5秒41    2018/1/14

※2018年4月現在

 

 

 

池江選手はコバ式体幹トレーニングを行っていた!

池江選手は泳ぐ練習をもちろんやっているようですが

調べてみると

速さの秘訣に繋がっているのではないかという

トレーニングを行っていることがわかりました☺️

 

体幹トレーニングの第一人者と言われる

木場克己トレーナーのもとで

体幹トレーニングを行っているようです!

木場克己公式サイトはこちら

サッカーの長友選手に体幹トレーニングを

指導したことで有名で

木場克己トレーナー著書の書籍も

たくさん出ているようです!

そして実際のトレーニングがこちら!

25分35秒から池江選手のトレーニングが始まります

動画の中でも

コバトレをやっていた大儀見選手が

代表選でゴールを決めたり

結果を出していましたね!

ナレーションにも

木場トレは、なでしこジャパンの活躍に大きく貢献したのですとありました!

 

もしかすると

このコバ式体幹トレーニングが

池江選手の伝説的な記録の柱となっているのかもしれませんね!

 

まとめ

池江選手の記録は

一体どこまで伸びて行くのでしょうか?

全くもって底がしれませんね☺️

コーチの変更もどんな結果になるのでしょうか?

とにかく目が離せませんね😚

 

本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました(*^ω^*)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




カテゴリー

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。