シグナル大山巡査部長は生きている?失踪事件の犯人は誰か予想!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんにちはグーグーです☺️

 

 

「過去は変えることが出来る」

といえば大山巡査部長ですよね😊

 

定番といえば

「未来は変えることができる」って感じですが

未来じゃなくて過去を変えるって

とこが新しく感じてしまう『シグナル

 

第3回を終えてますます謎が深まるばかりです!

 

そんな『シグナル』なんですが

今のところ個人的に一番気になるのは

誰が大山巡査部長(北村一輝)を殺したのか?

ということです!

さらに言うなら、そもそも本当に死んでしまったのか?

ということです。

 

 

大山は死んだのか?

話を遡ること2話目で

三枝(さえぐさ)と無線で

「これが最後の通信になるかもしれません」

とか話している時に大山巡査部長側の無線から

銃声が聞こえて連絡が途絶えてしまいました。。。

このシーンで大山巡査部長は

何者かに殺されたと思われます・・・

 

ですがシグナルの公式ホームページには

大山は失踪したと書いてあります。

なので生きている可能性は十分にあり得ます。

 

 

 

犯人候補① 中本慎之助(渡部篤郎)

1、2、3話の時点では

何かと大山のことを良く思っていない

中本慎之助(渡部篤郎)が

犯人候補として上がってくるのは

間違いないと言ったところではないでしょうか?

 

『シグナル』の公式ホームページにも

警視庁の刑事部長。警察の裏の顔ともいうべき存在で、数々の政治家や大企業に絡む隠ぺい工作を行うなど、汚い手を使って現在の地位にのし上がってきた。

と紹介してあります。

 

私の個人的な予想では

中本が絡んだ隠ぺい工作を大山が知ってしまい

中本を窮地に追い込むようなことを

してしまったんじゃないのでしょうか?

 

中本は隠ぺい工作が得意なので

何かと鼻につく大山を隠ぺいするのも

そう難しいことではないのではないでしょう!

Sponsored Link


 

犯人候補② 岩田一夫(甲本雅裕)

岩田は大山の理解ある先輩で

ストレートでまっすぐな性格の大山が

適当な捜査に出くわすと熱くなるところで

いつもなだめてくれていました!

 

ですがシグナル公式ホームページでは

警視庁捜査一課・係長。刑事部長の中本の部下として、過去の事件の秘密を暴こうとする健人や美咲を見張っている。かつては、大山と一緒に捜査に当たっていたが、あることをきっかけに、中本に手を貸すことになる。

と紹介されいてます。

 

「あることをきっかけに」

というのが、どうもひっかかりますよね?

中本にハメられて大山を手に掛けてしまった張本人

みたいな感じになるんではないでしょうか?

 

大山の紹介文には

ある日突然、収賄容疑にかけられ、失踪してしまう。

と書かれています。

 

おそらく中本自身が収賄事件に関わっていて

それを知ってしまった岩田と大山が

中本に黙っておくように言われるが

大山が言うことを聞くわけがない。

その大山を止めるために

岩田の弱みに付け込んで

大山を殺すよう中本が指示した

ってな感じではないでしょうか?

 

それをさらなる弱みとして握られ

中本と一緒に仕事をするようになった

と言ったところじゃないでしょうか?

 

 

犯人候補③ 伊藤班長

3話で大山が犯人を誤認逮捕した件で

責任を負わされて降格になります。

この恨みから犯行に及んだという

パターンもなきにしもあらずと言ったところではないでしょうか?

 

 

まとめ

とりあえず

現時点での材料で考えられるのは

こんなところです。

話が進むにつれて登場人物も増えると思うので

その中に真犯人が出てくるという可能性も

十分にあり得ますので

考察があれば追記していきたいと思います!

 

最後の方では

大山巡査部長が生きていて

三枝警部補とタッグを組む

なんてことも十分あり得そうですね!

 

 

本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました☺️

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。