自来也は死んでなかった?果心居士が殻のメンバーになった理由を考察!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんにちはグーグーです☺️

 

 

殻が動き出してから

「BORUTO」が盛り上がってきています!

その中でも極めて話題が尽きないのがこの人!

果心居士✨

 

果心居士の正体は自来也なんじゃないか?

という話題が飛び交っているんです!

BORUTO 殻メンバーの果心居士の正体は誰?自来也説を考察してみた!

 

画像引用:週刊少年ジャンプ「BORUTO」23話「楔」センターカラー表紙より

 

 

今回はこの

果心居士が自来也だったと仮定した場合

そもそも自来也って死んだんじゃなかったの?

もし生きていたとしたら

なぜ殻のメンバーになったのか?

などなど探っていきたいと思います✨

 

 

 

そもそも自来也は生きていたの?

第四次忍界大戦では

カブトの手によって大戦前に

死んでいった忍が惜しみなく登場しました!

 

ですが、死んだはずの忍で

数人穢土転生で現れていません。

自来也はそんな穢土転生で

第四次忍界大戦に登場していない忍の1人なんです。

 

自来也ほどの実力なら暁側の大きな戦力になるはずなんですが

穢土転生されていませんでした。

 

穢土転生されなかった理由は

NARUTO本編中でカブトが

DNAがあっても魂が別の次元にあったり

DNAが古過ぎたり

遺体が人間では回収不可能な海底などにある場合は

穢土転生で口寄せすることは出来ないと説明していました。

 

自来也が死んだと思われるシーンは

海底に沈んでいく様子が描かれていたので

カブトが言う穢土転生で口寄せすることが

できない状態に当てはまりますが

穢土転生できない、そもそもの理由

生きていると言った状態だったのではないか

と言うことが考えられます。。。

 

 

殻の狙いは何?

そもそも殻って

何を目的に結成された組織なのでしょうか?

ちょっと掘り起こしてみたいと思います。

 

現在確実にわかっている情報は

・化学忍具の情報を集めているということ!

・器と呼ばれるカワキをものすごく大事にしているということ!

(器(カワキ)が移送中の事故で火の国の外れの森の中の僻地で消息が不明になった際、国ひとつ買えるお金がかかっていたとデルタが発言。)

 

この2つから考えると

殻の活動内容は化学忍具を利用して

何かをしようとしていると考えられ

強い術や特殊な術を集めているのではないでしょうか?

 

そしてカワキについては

器と呼ばれるぐらいなので

人柱力みたいに

何かを閉じ込めるための要員だと思われます。

その何かに適した人間がカワキだったということなんでしょうが

その何かがわかりません。。。

 

何か悪いことをしようとしていることには違いなさそうですが・・・

(殻にとっては正義の行動だと思いますが・・・)

 

殻の目的については

もう少し様子をみることにしましょう!

Sponsored Link


 

なぜ殻のメンバーになったのか?

果心居士が本当に自来也だとしたら

なぜ殻のメンバーに入ったのでしょうか?

 

自来也といえば

長門、弥彦、小南を実の子のように育てたり

愛に溢れる忍というイメージが強いです。

 

そんな自来也が殻のメンバーに入ったとしたら

おそらく何かを阻止するためにその最前線にスパイとして侵入している

もしくは目指すところは違うが殻のやろうとしていることに共感している

といったところじゃないでしょうか?

 

あと予想ですが

殻のメンバーには加入順であろう

ローマ数字が刻んであります。

 

デルタⅠ(右)

大男Ⅲ(左から2番目)

ジゲンⅣ(画像2枚目)

老人Ⅴ(真ん中)

カワキⅨ

そして果心居士がおそらくⅡだと思われます。

自来也の両目の下から縦長についてたあれが

Ⅱに見えないこともないでしょう?☺️

 

カワキの頬のローマ数字とカーマの能力を考察!殻のメンバーは何人いるのかもチェック!

 

ということは

Ⅰのデルタと立ち上げたということも

十分考えられます✨

自来也はエロ仙人と呼ばれていたこともあるので

デルタの美貌に虜になって入ったなんてこともありえるかもしれませんね・・・笑

かなりシビアな感じなストーリなのでこれはないと思いますが・・・笑

 

この辺ももう少し様子を見てみることにしましょう。

 

 

まとめ

果心居士が自来也だったとして

殻に属している理由に関しては

様々な疑問が残るところですが

今後の展開の楽しみになりそうですね!

弟子であるナルトとの再開も楽しみです(*^ω^*)

 

 

本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました☺️

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。