聖おにいさん実写化ドラマの最終回ネタバレ!あらすじと感想と評判も!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんにちはグーグーです(^□^)

 

グーグーも

情報解禁が楽しみで仕方ない

聖☆おにいさん実写化!

 

今回は原作を元に

様々なことを

予想していきたいと思います(`・ω´・)+

 

気になるあらすじは?

yjimagecash1d5k

原作は中村光さんの

現在も連載中の漫画になります(* ・∀・)ノ

 

2016年12月時点で

13巻まで出ています(^^)

 

読み方は

「セイント☆おにいさん」

(←聖闘士○矢と間違えやすい)

 

舞台は

東京都立川の安アパート

(風呂なし!ペット禁止!)

になります!

 

いわずと知れた

キリスト教と仏教の神様が

下界でバカンスを満喫しよう

という設定・・・

 

苗字は「聖(せい)」で

暮らすという日常コメディです(^^)

 

もうこの時点で面白いですね(笑)

 

これは実写でも軸になる設定と

思われます(^。^)

 

 

メインの登場人物

ここで軸となる主人公の2人(*´・ω・)ノ

 

yjimageca83wbbi

仏教の祖であるブッダ

菜食主義者であり倹約家

油断すると動物たちに

囲まれてしまったり

生まれながらに動物に好かれている

 

そのため1度でいいから

動物たちに嫌われたいと思っている^_^

 

実は頭は地毛

(どうなって再現するんだろう・・・)

 

yjimagecavlnlrd

神の子・イエス

ロン毛のヒゲ面で

頭に茨の冠をつけた青年!

 

ブッダとは対照的に

子供っぽいところがありノリがいい!

 

何事も形からはいるタイプ

嬉しいことなどがあると

冠の茨に花が咲く(*´꒳`*)

 

まだ実写化にあたり

ここのキャストも発表されていません!

 

実写化が決まった時点で

ネットでは大騒ぎでした(゚∇゚ )

Sponsored Link


中村光さんが描く漫画は

とてもキャラの個性が

ハッキリしていて面白いので

このあたりはぶれずに

実写化されるのではと思います(^^)

 

この2人以外にも

仏教やキリスト教を勉強すれば

出てくる人がどんどん登場します☆

 

yjimageca9j163e

天使たちや

yjimageca2xlgv9

ブッダの弟子たち

yjimageca9ry3za

イエスのお父さんまで

 

このあたりのキャラクターたちが

実写でどう描かれるのか

楽しみで仕方ありません!

 

ホント実写化なんて

出来ないと思っていたから

どうなることやら・・・

 

最終回はどうなってしまうのか!?

yjimagecaemp2s6

現在も原作が連載中であることから

実写ドラマの最終回も

予想することになります☆

 

原作自体が大体1話完結であるため

ドラマでも原作で人気のある

エピソードなどを

展開していくのではないでしょうか?

 

正直読者の意見としては

原作で出てくるキャラクターたちが

濃すぎるので

実写化でこのキャラクターたちの

配役を考えるのが

大変だと思っています(´・ω・`)

 

なので登場する主軸の限られた

キャラクターたちで

1話完結のエピソードを

ドラマにしていくのではないか?

と予想します(^^)

 

物語の部分でいうと

ブッダとイエスのバカンス休暇

という設定なので

最終回では

天界に帰ることになるのかどうかも

気になりますね(○´∀`)ノ

 

まとめ

yjimageca3zwcez

正直神様をだいぶ馬鹿にしているような

内容だったりするので

無宗教である日本だからこその

面白さなんだと思います(●´・ω・)ノ

 

宗教が絡んでいるため

難しいと考えてしまいそうですが

「神様が人間になったら?」

という妄想で描かれている感じですので

読みやすいと思います(^^)

 

人間となった神様の苦悩を

笑いに変えているあたりなんかは

素晴らしいと思います☆

 

実写ドラマが始まる前に

原作から皆さんなりの

予想を立ててみられては

いかがでしょうか?

 

ブッダやイエスの名ゼリフ(?)も

沢山出てきますので

ぜひ読んでみてくださいね(≧∇≦)

 

本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました(*>∀<)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。