ドラゴンボール超ブロリーに出てきたサイヤ人の関係性をまとめてみた!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんにちはグーグーです😁

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ネタバレになることも記事中にあるかもしれませんので

まだ映画を見ていない方は

見られてからこの記事を見て頂くことをおすすめします!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

 

ドラゴンボールスーパー ブロリー

もうご覧になられたでしょうか?

ちょっと遅くなりましたが、私も見に行っちゃいました!

 

ブロリーってドラゴンボールの映画4本目なんですよね!

みなさんもご存知でしたか?

もししらなかった方は以前の作品も

ぜひご覧になってみてください⁉

今回の映画は前回までのものとは

全く繋がりがないように作られていたみたいですね!

 

今回の見所の一つは

ベジータやラディッツ、ナッパの若かりし頃の姿や

ベジータ王やバーダック、ギネなど

過去のサイヤ人が多数登場したところではないでしょうか?

惑星ベジータが滅びた経緯なども盛り込まれていて

初めて知ったという方も多かったんじゃないでしょうか?😁

 

ということで

『ドラゴンボール超 ブロリー』に出てきた

サイヤ人の関係をまとめてみました!

Sponsored Link


 

ベジータの家族

★ ベジータ 

ベジータといえば

あのM字の額と誇り高きサイヤ人で有名な

ベジータ王の息子のベジータさんです!

『ドラゴンボール超』では

プライドが少し低くなっているような気がします・・・

 

★ ベジータ王(父親) 

ちなみにですが

ベジータ王はベジータ3世で

ベジータはベジータ4世なんだそうです。

 

★ ナッパ(世話役?) 

ナッパは言うまでもないと思いますが

原作でベジータとともに地球征服にやってきた

ハゲ頭のあいつです!

チャオズが背中にくっついたあいつですね!

(さよなら天さん・・・)

 

★ ラディッツ(部下?) 

ラディッツも説明するまでもないと思いますが

ベジータとナッパよりも一足先に地球にたどり着いた

サイヤ人でピッコロの魔貫光殺砲で

悟空と一緒に死んでしまいました!

 

悟空の家族

★ 悟空(カカロット) 

言うまでもなく、この物語の主人公です!

 

★ バーダック(父) 

カカロット(悟空)とラディッツの2人の息子を持つ父親!

最後までフリーザに立ち向かった勇敢なサイヤ人!

他のサイヤ人からも慕われていたみたいだ!

 

★ ギネ(母) 

(カカロット)悟空とラディッツの母親!

カカロットを地球に送る際泣いていましたね(;_;)

サイヤ人の家族想いな一面も見ることが出来ましたね!

 

★ ラディッツ(兄)

原作ではまさかの兄弟対決となり

ピッコロの魔貫光殺砲で悟空とともに殺されてしまった!

当時の悟空じゃ全く太刀打ち出来ないぐらい強かったんです!

 

 

ブロリーの家族

★ ブロリー 

今までドラゴンボール作品で劇場版に4作目の登場で

人気者のブロリー!

4作目の『ドラゴンボール超 ブロリー』では

過去3作とは全くの別人になって登場してましたね!

 

★ パラガス(父) 

ブロリーの父!

サイヤ人らしからぬ息子思いのパラガスでしたね!

ただ結果的には

ブロリーのことを思っていたと言うより

自分の為の道具として考えていた

といった感じが強くみられましたね!

 

その他のサイヤ人 

★ 執事 

ベジータ王に仕えていたサイヤ人

 

★ ビーツ 

パラガスが乗り込んだ宇宙船に

一緒に乗って小惑星バンパに付いて来てしまっていた

非戦闘員のサイヤ人!

 

★ タロ 

フリーザが超サイヤ人を探していることを

バーダックに教えてくれたサイヤ人!

 

★ リーク 

フリーザから招集がかかり

バーダックと一緒に惑星ベジータにきたサイヤ人

 

 

 

まとめ

『ドラゴンボール超 ブロリー』

なんか今までのブロリー作品とは全く違った形で

新しい作品として見ることが出来る映画でしたね!

悟空とベジータの共闘にも胸を打たれてました♡

まだみていない方はぜひ大迫力の劇場で見ることをおすすめします!

 

 

本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました😁

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




カテゴリー

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。