久保建英がやってる体幹トレーニングはコバトレ?木場克己考案の方法とは!

この記事は5分で読めます

Sponsored Link


こんにちはグーグーです\(^o^)/

 

私事ではありますが、最近はめっきりサッカーにハマっていまして

ダ・ゾーンまで契約してしまうほどです!

 

そんなサッカー界で最近話題なのが

久保建英選手

 

なんとレアルマドリードへの移籍が決定しましたね。

これは日本人としての快挙でスゴイことです\(^o^)/

 

そこで今回は

なぜ久保選手がここまでの選手になったのか?

というところに疑問をいだき調べてみたところ

ある一つの共通点にたどり着きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link


久保建英の歴史

 

久保選手がサッカーを始めたのは3歳で

父親がコーチを務めていた坂浜サッカークラブに所属。

 

小学2年生でFCバルセロナキャンプに参加しMVPに選ばれる。

 

9歳でFCバルセロナスクール選抜となり、大会MVPとなる。

このときチームは3位だったにも関わらずMVP。

 

同年、川崎フロンターレの下部組織に入団。

 

10歳にはFCバルセロナの下部組織カンテラ入団テストに合格。

アレビンCに入団。

 

12歳〜13歳の頃は地中海カップU-12トーナメントで大会得点王とMVP。

リーグ、カタルーニャ杯などのトーナメント制覇に貢献。

 

13歳〜14歳はインファンティルAに所属。

 

この時、FCバルセロナの18歳未満の外国人選手獲得

登録違反により久保の公式戦出場停止処分が続いて

14歳の頃、日本に帰国してFC東京の下部組織に入団。

 

15歳で中学生ながらFC東京U−18に飛級昇格

日本クラブユースサッカー選手権では大会史上初の

中学生での得点王となる(5得点を挙げる)。

 

同年9月にFC東京のトップチームに2種登録され

J3リーグ第28節AC長野パルセイロ戦に後半開始から出場し

Jリーグ史上最年少記録を更新することとなる。

 

2017年11月1日、FC東京とプロ契約を結ぶ。

 

2018年、横浜マリノスへ期限付き移籍。

 

2019年にFC東京へ復帰。

 

同年、レアルマドリードと契約。

 

 

 

久保建英はなぜ強いのか?

久保選手の歴史を追えば

幼少期からサッカーが上手だったことは確認できます。

ではどんな方法でサッカーの練習をしてきたのか?

気になりますよね?

 

ということで

久保選手の練習方法を調べていたんですが

とくにこれと言って珍しいトレーニングはありませんでした!

やはり生まれ持った才能としか言いようがないと思ったのですが

1つだけ気になるトレーニングを幼い頃からやっていました!

 

それは

体幹トレーニングの第一人者と言われる

スポーツトレーナーの木場克己氏の考案したトレーニングでした!

 

 

 

 

木場克己とは?

木場克己トレーナーと言えば

日本代表でもおなじみの長友佑都選手に

体幹トレーニングを指導していた方でした!

木場 克己

 

他にも

安部裕葵選手、金崎夢生選手、槙野智章選手などのJリーガーや

鈴木亜由子選手・関根花観選手などのマランン選手

その他にも名だたるスポーツ選手のトレーニングに関わっている方です!

 

 

久保建英がやってる体幹トレーニングとは?

久保選手がやっているトレーニングは

この木場克己トレーナーが考案した

コバ式体幹☆バランストレーニング

通称コバトレです!

 

どんなトレーニングかというと

こんな感じのようです!


体幹トレーニングというだけあって、

体幹に刺激入りそうなトレーニングですね!

 

木場氏のインスタグラムでは

他の有名選手のトレーニング風景も

アップされてるので参考になると思います!

 

木場克己氏トレーナー公式インスタグラム

 

 

インスタの動画の中で

久保選手が使ってるウォーターバッグは

最近有名なやつで知ってる方も多そうですが

下に敷いてるポールのようなものは木場トレーナー考案の

ファンクショナルポールというモノのようです!

ホームページに紹介してありました!

 

 

引用:コバトレ公式ホームページ

 

これを使うことで体幹トレーニングの効果が上がるのでしょうか?

かなり気になりますね!

このインスタの最後の久保選手がやってるトレーニングは

めちゃめちゃ難しそうです!

みなさんも是非チャレンジしてみてください!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ファンクショナルポールは肩甲骨周りのストレッチはもちろん、インナーマッスル、アウターマッスルも寝ながら鍛えられます。 ポールに乗ってバランスを取るだけで体幹全体にスイッチを入れてくれて動きやすさを出して時短トレーニングにもなります^_^ #ファンクショナルポール #体幹バランス #体幹バランストレーニング #kobaトレ #マクアケファンクショナルポール #17時まで受付 #ストレッチ #ファンクショナルマット #サッカートレーニング #基礎的な体幹作り #体幹チューブ #お腹引き締め #プロ仕様 #子供から高齢者まで #コバトレマスタートレーナー

木場克己さん(@katsumi.koba)がシェアした投稿 –


 

 

木場克己氏が関わるとなぜ成績がよくなるのか?

木場トレーナーが指導した選手をみると有名な選手が多いことに気付きます!

例えば久保選手、長友選手、安倍選手、この3人はコパ・アメリカの

日本代表メンバーに入っています!

 

さらに驚きなのが水泳の池江璃花子選手も指導してたみたいです!

インスタグラムを見てても

スノボの岩渕レイラ選手や

マラソン日本郵政の鈴木亜由子選手などが登場していますが

みなさんすごい結果を出してきている人が多いですね・・・汗

 

トレーニングを見ていても

めちゃめちゃ特別なことをやってるわけでもなさそうですよね!

ではなぜ、木場トレーナーが関わると成績がよくなるのか?

 

木場トレーナーはこう語っています!

この動画の内容をまとめると

・柔軟性

・安定性

・バランス

・連動性

が大事のようです!

 

またホームページでは

KOBA☆トレは体幹・体軸という身体の中心部分の筋肉や神経つまりインナーマッスルを鍛えることで、バランス感覚も強化するトレーニング方法です。

と紹介してあります!

 

スポーツにおいての技術や俊敏性はもちろんですが

体軸をしっかり作ることで精度を高め

本来選手が持っている動きを最大限に引き出している

といったところなのかもしれませんね!

 

そのため、このトレーニング(コバトレ)を取り入れている

選手が次々と結果を出していくのではないでしょうか?

 

 

 

 

まとめ

久保選手の上手さに関しての要因は

他にもたくさんあると思いますが

インナーマッスルや体軸を強化するトレーニングは

全ての動きの基礎となっているのかもしれませんね!

 

 

久保選手の活躍もダ・ゾーンでチェックしてみましょう!



 

 

本日も最期までお読み頂きまことにありがとうございました\(^o^)/

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




カテゴリー

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。